忍者ブログ
色々日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経

PR
一般的な観音経の日本語訳です。

無尽意菩薩がたずねると、不思議な姿をそなえたお釈迦さまは、偈文によって無尽意菩薩にお答えになりました。
無尽意菩薩よ、観世音菩薩の修行が、もろもろの方角や場所にきちんと適応していることをよく聴きなさい。
その大いなる誓いは海のように深く、無限の時間をかけても考えをおよばせることは不可能である。何千億もの無数の仏に仕えて、偉大なる清浄の願いを起こした。私はそなたのために、わかりやすく簡単に説明をしよう。
観世音菩薩の名前を聞き、その身体を見て心にしっかりと観世音菩薩を念じ、無為に過ごすことがなければ、どんな苦しみをも滅することができるであろう。
例えば、人を害する心を持つ者によって、燃えさかる大火の抗に突き落とされるようなことがあったとしても、観世音菩薩を念じれば、火の抗は池にかわるであろう。
あるいは大海に漂流して、龍・魚・鬼などの餌食になるような目に遭ったとしても、観世音菩薩を念じれば、波ものみこむことはできないであろう。
あるいは須弥山のような高い峰から人に突き落とされるようなことがあったとしても、観世音菩薩を念じれば、太陽のように空中にとどまるであろう。
あるいは悪人に追われても、あるいは金剛山から突き落とされたとしても、観世音菩薩を念じれば、一本の毛でさえ傷つけることはないであろう。
あるいは賊が取り囲み、それぞれに手にした刀で斬りかかってきたととしても、観世音菩薩を念じれば、ただちに賊は慈悲の心を起こし、難を逃れるであろう。
あるいは国王に苦しめられ、国王の命令で死刑にされようとしたとしても、観世音菩薩を念じれば、処刑人の刀はいくつにも折れてしまうであろう。
あるいは首枷・手枷・足枷などで囚われたとしても、観世音菩薩を念じれば、枷はほどけて自由の身になるであろう。
あるいはだれかに呪われたり、諸々の毒で殺されそうになったとしても、観世音菩薩を念じれば、呪いや毒は逆にそれを仕掛けた本人に着くであろう。
あるいは害をおよぼすと恐れられている悪羅刹や毒龍、もろもろの鬼類に出会ったとしても、観世音菩薩を念じれば、いずれにおいても危害を加えられることはないであろう。
あるいは、もし鋭い牙や爪のある悪獣に取り囲まれたとしても、観世音菩薩を念じれば、たちまち遠方に退散するであろう。
あるいは口から毒を煙火のように吐く蜥蜴・蛇・蝮・蠍に出会ったとしても、観世音菩薩を念じれば、その声を聞いて逃げ去っていくであろう。
あるいは突然、雷鳴が轟き、稲妻が走り、霰や大雨に遭ったとしても、観世音菩薩を念じれば、ただちに消散するであろう。
人々が困難を被り、無量の苦しみに責められたとしても、観世音菩薩は不思議な知恵の力で、あますところなく人々を救ってくださるであろう。
不思議な神通力をそなえた観世音菩薩はどこにでも姿を現し、知恵と方便で、悪鬼、地獄、餓鬼、畜生、さらに生老病死苦などあらゆる苦しみから人々を救っていくだろう。
観世音菩薩には、真の観想・清浄な観想・広大な知恵の観想・憐れみの観想・慈しみの観想がそなわっているため、常にその姿が現れることを願い、仰ぎ見るべきである。
観世音菩薩は、無垢清浄に光り輝く知恵の光と、災いのすべてを救う火の光で、この世を照らす。観世音菩薩は悲の体と慈の心をもって、あたかも雷鳴が轟いて大きい雲が雨を降らせ草木を育成させるように、甘露の法雨を注ぎ、人々の煩悩の炎を消す。
訴訟を公の場で行ったり、戦場で恐れているときにも、観世音菩薩を念じれば、諸々の怨念はことごとく退散するであろう。
観世音菩薩の声は、私達が耳にするどんな音よりもすばらしい。だから常に念じなさい。
たとえ、わずかであっても、疑ってはいけない。観世音菩薩という清い聖は、苦悩・死・厄に見舞われたとき、最後のよりどころになるのだから。
観世音菩薩は、すべての功徳をそなえた慈しみの眼で私達を見ていらっしゃる。その福徳の大きさは、海のようにはかりしれない。だから御足を頭にいただいて礼拝するのである。
そのとき持地菩薩が座から立ち上がり、釈尊の前に出て申し上げた。「世尊よ、もし人々がこの観世音菩薩品に説かれる自由自在な行為、あらゆる所で示される神通力のことを聞いて信仰すれば、この人の功徳は大変なものでありましょう」
釈尊がこの普門品をお説きになったとき、8万4000人の衆生はみな、このうえない悟りを求める心を起こしたのである。


勢至菩薩はサンスクリット語でマハースターマプラープタと呼ばれます。
意味は「偉大な威力を獲得した者」
勢いがあります!

凄まじく攻撃力が強く、足をひと踏みするだけで、三千世界(銀河レベル or 宇宙レベルといってもよい)はもとより、大魔王の宮殿さえも激しく揺るがすといわれています!

これはもう、「コスモを爆発さろ!」某アニメ聖・星矢とか言うレベルを遙かに超えています。
やはり、人と菩薩ではレベルが違いすぎますね。

さて、ここまでの攻撃力を持った勢至菩薩ですが…、その存在ははっきり言って地味であります。
正直…阿弥陀如来の脇持という以外には目立ったところがない!
同じ脇持の観音菩薩は主人の阿弥陀如来と肩を並べるぐらいの超売れっ子で、ソロでも活動してるっていうのに!

人気バンドにいながら、自分だけ人気がないって…つらいものがありますね。
みんなで勢至菩薩を応援しよう!

なにせ、地球の1個や2個軽くひねりつぶすだけの力があるから… 怒らせると怖い!
勢至菩薩 (せいしぼさつ)
               真言  オン サン ザン ザンサク ソワカ
         この真言を唱えれば、煩悩が去り、智慧を得て、悟入できる。


 マハースターマプラープタ(Mahasthamaprapta, mahA-sthAma-prApta)。
八大菩薩の一つ。 勢至菩薩 大勢至菩薩とも呼ばれ、衆生の無知を救う仏の智慧を表します。
智慧明瞭・現世安穏、極楽往生 午年生まれ十二支守り本尊

サンスクリット語では「マハースターマプラープタ」は、「偉大な威力を獲得した者」を意味します。
阿弥陀仏(アミターバ)のそばに仕え、その智慧の光でもって、いっさいのものを照らします。
また、名前の通り、威力が強く、足をひと踏みするだけで、三千世界はもとより、大魔王の宮殿さえも
激しく揺るがすといわれています。

梵語を漢訳する大勢至(偉大な勢力)菩薩の意訳で摩訶那鉢(まかなはっ)とも呼ばれており観音菩薩と共に
阿弥陀三尊を形成します。三尊像の他に絵画で山越阿弥陀図や二五菩薩来迎図などに描かれます。

 
 勢至菩薩は観音菩薩と並んで来迎形式の阿弥陀三尊の脇士として有名ですが、観音のように一尊が独立して
信仰されることはほとんどありませんでした。三尊形式の場合、そのお姿は観音とほぼ同じとされていますが、蓮
華台を持った観音に対し、合掌した姿で表されることが多く、今まさに往生しようとする衆生を極楽浄土に迎えて
くれます。観音の慈悲に対し、勢至菩薩は仏の智慧の光を象徴しておりあまねく一切を照らし出しています。

[お姿]

 冠には水瓶を頂き、化仏を頂いた観音様と識別することが出来ます。水瓶には本尊を供養するための水が
入っているとも、甘露の宝水を貯えているとも言われています。軽い合掌形が一般的。瓔珞(ようらく)、
腕釧(わんせん)、臂釧(ひせん)等の装身具で飾り、条帛を着けるのは観音像と同じ。

[法話]

経典「観世音菩薩往生浄土本縁経」には、昔、インドに長邦(ちょうな)という僧がいました。長邦には早離(そうり)、速離(そくり)という二人の子があって、母が早くなくなったので継母を迎えました。しかし、飢饉の時代だったので継母は二人の子を父が留守の間に南海の孤島に置き去りにしました。二人の子は、生母の遺言「菩提心をおこしなさい」を想い出し、死後生まれ変わって苦しむ人々を救おうと百の誓願をたてて絶命しました。父の長邦は帰宅後、二人の子を探して孤島に来ましたが、既に白骨の身になっていました。兄の早離は今の観音菩薩、弟の速離は勢至菩薩、長邦は釈迦仏であったということです。
a
『十句観音経』と読み方
   
観世音   南無仏    かんぜおん なむぶつ
与仏有因  与仏有縁   よぶつういん よぶつうえん
仏法僧縁  常楽我浄   ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう
朝念観世音 暮念観世音  ちょうねんかんぜおん ぼねんかんぜおん
念念従心起 念念不離心  ねんねんじゅうしんき ねんねんふりしん
   
   
『十句観音経』の意味
   
観世音菩薩よ。み仏よ。帰依いたします。
私は仏とともにある因や、仏とともにある縁で生かされています。
仏法僧の縁によって、常に楽しくきよらかな悟りの境地を与えてください。
朝に観世音菩薩を念じ、夕に観世音菩薩を念じます。
その一念一念はたえず心の中にあり、心が観世音菩薩から離れる事はありません。
   
プロフィール
HN:
ラファエル
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/01/20
趣味:
パソコン
自己紹介:

注目の情報
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ポイント広告
フリーエリア

- HARMONY Corporation. -ブログパーツ 株価検索

カテゴリー
最新CM
[04/04 BlogPetのプリン]
[03/23 BlogPetのプリン]
[03/16 BlogPetのプリン]
[03/09 BlogPetのプリン]
[03/01 BlogPetのプリン]
最新TB
(03/01)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo