忍者ブログ
色々日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広告クリックするな!!

広告クリックするなよ!
PR
s
概論

梵名の「アミターユス」は「無限の寿命をもつもの」、「アミターバ」は「無限の光をもつもの」の意味で、彼が時間と空間の制約を受けない超人である事を示す。これを意訳して無量寿仏/無量光仏とも呼ばれ、無明の現世をあまねく照らす光の仏とされる。西方にある極楽浄土という仏国土を持つ。

造形化された時は、装身具を着けない質素な服装の如来形で、定印・説法印・施無畏印・与願印を組み合わせた九品来迎印(詳しくは印相を参照のこと)を結ぶ姿で表される事が多い。阿弥陀三尊として祀られるときは、脇侍に観音菩薩・勢至菩薩を持つ。密教においては、五仏(五智如来)の一如来として尊崇される。

無量寿経によると、一切の衆生救済の為に自ら仏の位を降りて菩薩となり、世自在王仏の元で法蔵と名乗り修行をした。非常に長期間衆生の救済の思索をめぐらし(五劫思惟(ごこうしゆい))、浄土への往生の手立てを見出したことにより仏となった報身仏。衆生救済に関して48の願い(四十八願)を立て、特に浄土教において第十八願を「本願」と呼んで重要視する。また、現在も説法をしていると説かれている。阿弥陀経では、大宇宙のガンジス河の砂の数ほどの諸仏から賞賛されている。曰く、「阿弥陀仏のお力はずば抜けて素晴らしく、我々罪悪の重い衆生の救済に対して、他の諸仏が背相を見せたにも関わらず、阿弥陀仏お一人が本願を立てられて一切衆生の救済をお約束された。一切の諸仏も最後には、阿弥陀仏に依らなければ、仏の悟りを開く事は出来なかった」と。

これを語源とする他力本願と云う言葉は、一般には「ムシのいい、他人への依存」「無責任」という意味でも広く用いられる。しかしここで言う他力とは本来阿弥陀如来の力を指し、彼の力以外の(釈迦の力を含めた)すべての力を指して自力と言う。

特に浄土真宗においては、煩悩具足の凡夫は、阿弥陀如来の本願、すなわち他力本願によって「のみ」往生を遂げることができるとし(絶対他力)、仏である釈迦の力すら「自力」として否定される。

チベット仏教における副法王パンチェン・ラマは阿弥陀如来の化身とされる。

大乗仏教で登場した仏尊であり、その起源はゾロアスター教などのイラン系の信仰に由来するという説もある。それによると、光明の最高神アフラ・マズダーが無量光如来、無限時間の神ズルワーンが無量寿如来の原型とされる。また、西方極楽浄土は、ゾロアスター教の起源であるイラン地方、もしくは肥沃で繁栄した古代バビロニア地方が背景になっているとする説もある。

[編集] 日本語への影響

鎌倉時代以降、日本では浄土教の隆盛を受けて、阿弥陀如来に関連した単語や言い回しが登場するようになる。

十八番(おはこ)
前述のとおり、浄土教において四十八願のうち第十八願を本願として重要視することから、もっとも得意なことを指す。
あみだくじ
現代のものは平行線だがかつては放射線状であり、阿弥陀如来像の光背に似ていることから。
他力本願
前述のとおり努力しないことや無責任であることを表現するのに使われるが、本来の意図とは違う転用である。

[編集] 真言

オン・アミリタ・テイゼイ・カラ・ウン
□□□□□「黙示録を読む」□□□第2983号 (金曜版)

2008/3/7発行

===================================================================

■■■「そして彼らがあかしを終えると、底知れぬ所から上って来る獣が、彼
らと戦って勝ち、彼らを殺す。」黙示録11:7■■■

===================================================================

□□□今週のもくじ□□□

◆「獣の国、アメリカ」◆その245


===================================================================

みなさん、こんにちは。エレミヤです。

金曜版では、「獣の国、アメリカ」を見ていきたいと思います。
黙示録は終末の日に、タイミングを合わせた様に、底知れぬ所から上って来る
獣の国について語っています。今からほんの200年前に建国されるや、
現在迄、飽きもせず200回もの他国との戦争、介入を起こした殺人大好き国家、
アメリカ。現在、世界の総軍事費の40%をも一国で占め、戦争を国是、目的と
したかのような人造戦争マシーン国家、アメリカこそ、この獣の国候補ナンバ
ーワン国家です。
この国の偽善と悪らつな計画を見ていきたいと思います。




======================================================================





◆「獣の国、アメリカ」◆その245


それを避けるためには、和平に動かざるを得なかったのである。逆に言えば、
和平が達成され れば、莫大な利権が中東に生まれることになる。

クリントン政権は、和平調印後に〃イスラエ
ルへの経済支援に反対する者〃を異端者として切り捨てられるようになったの
で、ホワイトハ ウスにかかえる大量のロスチャイルド人脈が、
公式に動き出した。戦闘機の輸出、次々と打ち
出される経済援助、などであった。パレスチナでは、地価が高騰してきた。

======================================================================
====(エレミヤのコメント)
「大量のロスチャイルド人脈が、公式に動き出した。」とのことです。
広瀬隆さんの集英社「赤い楯」によると、悪魔主義者ロスチャイルド一族は、
世界の主要銀行、国連、ジャーナリズム等あらゆる分野を支配しています。

このことはまた、聖書的なことでもあり悪魔主義者が世界を支配することは、
実は、 聖書で暗示されていることなのです。たとえば、かつての曠野の誘惑で、
悪魔はイエスキリストに対して、もしひれふして私を拝むなら、これら
世界の全てを与えるといいました。

悪魔を礼拝するなら、世界を支配できるということが語られているのです。
ですから、悪魔礼拝者達、ロスチャイルド一族がアメリカを通して世界
を支配しているということは、逆説的ないいかたではありますが、
しかし、聖書が語っていることばの成就ともいえるのです。

かくのごとく、世界の歴史も政治もみな、神のことばの
下にあるのであって、そのことばを超えるものではありません。

彼等悪魔主義者はすでに世界を支配しているともいえ、世界はさらに
彼等の横暴の下で苦しむようになるでしょう。

現在起きている、石油暴騰、小麦、鉄暴騰は、悪魔礼拝者たちによる
災いの、その序曲に過ぎません。
日本の経済不況、アメリカ従属、モラル破壊全てに彼等の影があります。

なぜ日本は悪魔礼拝者による災いの下にあるのか?
彼等がこの様にこの国を意のままに操ること、これも
神の許しの下で起きていることなのです。

この国は真理なる方キリストを拒否し、
その聖書をあざ笑い、真理を伝えようとしたキリシタンを最後の一人まで、殺
そうと試みました。彼等は密告され、逮捕され、拷問され、投獄され、
この国のあらゆる地方で殺されたのです。

その報いとしてこの国の人々は、悪魔主義者の原爆、戦争により、大量に殺さ
れ、あざ笑われ、支配され、洗脳され、経済を搾り取られ、あざ笑われていま
す。この国はその犯した全ての罪に対して、
受けるべき当然の報いを今受けているのです。
プロフィール
HN:
ラファエル
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/01/20
趣味:
パソコン
自己紹介:

注目の情報
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ポイント広告
フリーエリア

- HARMONY Corporation. -ブログパーツ 株価検索

カテゴリー
最新CM
[04/04 BlogPetのプリン]
[03/23 BlogPetのプリン]
[03/16 BlogPetのプリン]
[03/09 BlogPetのプリン]
[03/01 BlogPetのプリン]
最新TB
(03/01)
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo